中野区東中野の歯科・東中野駅の歯医者なら、ふじまき歯科

診療案内

治療の特徴

口腔内カメラで治療状況をご覧いただけます。

「今治療をしてもらっているところは、どんな風に治ったのかな?」
「鏡は見せてもらったけど、もっとはっきり口の中を見てみたい。」

といったことを皆さん思われたことはありませんか?
口腔内カメラを使用することにより、口の中全体、 歯と歯の周辺をモニターで見ることができます。
画像を見ながらより詳しい治療内容の説明が出来ます。
口臭の原因となる歯の汚れを画像で確認出来ます。

カラーモニターに大きな映像で口の中が映し出されますので、 ご自身のお口の中がどんな状態か理解していただけます。
また、実際状態を見ることで、説明も理解しやすくなり、 納得していただいた上で治療がはじめられます。

口腔内カメラと電動注射器

痛くない歯の治療に向けて

無痛麻酔に、より近づけるために、コンピューター制御の電動注射器を使用しています。
歯科治療が嫌いな人から理由を聞くと「痛いから」という方が多くいます。 そのため、痛みを感じないように麻酔を使用しますが、この麻酔が痛いから嫌いだという方も多くいます。
麻酔の痛みを出来るだけ無くすために、表面麻酔を使用します。 極力細い針を使い、歯茎の表面の知覚を麻痺させることにより、針を刺す痛みを軽減します。

テクニック

針を刺すときの痛みは、歯茎の表面だけではありません。
骨の表面には「骨膜」があり、むしろこちらの方が痛みを強く感じます。  一気に刺すのではなく浅くゆっくり刺し、骨膜上で液を注入し、麻痺させてから深く麻酔液を注入することが大切です。

また、麻酔注入時に一気に麻酔を注入すると、急激に骨膜の剥離や組織の膨張が起こり、痛みを感じてしまうため、出来るだけゆっくりと一定の速度で注入するのが望ましいのです。手動注射器は速度にむらがでやすく、極細の注射針で安定した麻酔を行うためには、電動注射器を使用した方法が痛みは少ないと考えられます。

予防歯科

予防歯科では、むし歯や歯周病の予防のために、歯科健診(お口の中の健康チェック)の後、プラークコントロールのためのブラッシング指導、及びPMTCを行います。
PMTCは一般に歯のクリーニングといい、歯科医師・歯科衛生士が行う歯面清掃のことをいいます。特殊な器械等を使って、通常のブラッシングではとれない歯に付いた汚れや歯石などを取り、ブラッシング指導をします。
プラークコントロールして歯を健康に保つためには、自宅で行う歯磨きと、歯医者で行う歯のクリーニングは欠かせません。

プラークコントロールとは

プラークとは口の中にある歯垢のことをいいます。
歯垢はむし歯や歯周病を引き起こす、ばい菌の固まりです。
放っておくと歯石となり、ますます歯垢がたまりやすくなります。
このプラークをためないようにブラッシングすることや、たまっているプラークを取り除くことをプラークコントロールといいます。

家庭でのプラークコントロール

家庭で大切なのがブラッシングです。
歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどを使用して歯垢の付着を防ぎます。
しかし、正しいブラッシングを行わないとあまり意味のないものになってしまいます。
プラークコントロールでいうブラッシングは、「みがいているか」ではなく、「みがけているか」が重要です。

正しい歯磨きで健康な美しさを

歯科医院でのプラークコントロール

そして自分だけでは本当の自分の健康状態はわかりません。
そこで、私たちの出番になります。健康度チェックを行い、自分がどのくらいできているかのチェック、そしてたまったプラークをすみずみまで清掃いたします。

まずは自分のお口の中を知ることが大事だと考えます。

PMTCのテクニック

  1. 歯みがきをしてもらった後、特殊な薬品を使ってプラークの染め出しを行います。この後にみがき残しがある箇所のブラッシング指導を行いながら、きれいにプラークを除去します。
  2. 特殊な器械を使って、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を清掃します。
  3. 歯と歯ぐきの境目や、ポケット(歯と歯ぐきの隙間)に付着した歯石を取ります。(スケーリング)

器械での清掃は痛みもなく、歯に付いた汚れも驚くほどきれいにとれます。
また、PMTC後は歯垢もつきにくくなります。

審美歯科・ホワイトニング

歯の色といえば一見真っ白と思われがちですが、 実は黄色みを帯びたアイボリーホワイト(象牙色)です。
ただ人によっては先天的な理由や、抗生物質などの薬の過剰な服用によって変色してしまう場合があります

ホワイトニング

不健康に見えてしまう歯の色でもいろいろな方法で変えることができます。
やはり変色する理由は一人一人違うものなのでしっかりカウンセリングさせていただき、その方に一番合った方法をご提案させていただいております。

審美歯科

現在の歯科医療では接着技術の向上によって、全く金属を使わない、白い歯にする治療も可能です。
保険の材料でも白く変えられる場合もございます。

歯が白いと笑顔も魅力的になります

セラミック(白い歯の詰め物、被せ物)

当院では、お口の状態やご予算に合わせた白い歯の詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)をご案内しております。
保険診療でできる白い歯もございます。銀歯ではなく白い歯で治したい方、ぜひお気軽にご相談ください。

レジン

プラスティック素材で出来た歯の修復物です。小さなむし歯を埋める保険診療の際に使います。

ハイブリットセラミック

プラスチックとセラミック(陶器)の混合素材となります。多少着色・変色がありますが、白い歯に仕上がり、金属アレルギーの心配はありません。

オールセラミック(ジルコニアセラミック)

金属を一切使用せず、セラミックのみで作られた補綴物です。見た目はとても自然で変色しにくい、着色・クラーク(汚れ)がつきにくいので清潔、つるつるして歯ざわりが良いといった特徴があります。

土台はジルコニア(人工ダイアモンド)、表面はセラミックで仕上げます。ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とも呼ばれており、さまざまなセラミックの種類なかでも、一番優れた審美性・耐久性を誇っております。
主に奥歯で使うことが多いです。

自然で美しい白い歯

金属を利用しないセラミックの歯科治療は、審美的な観点はもちろん、金属アレルギーの心配がなかったり、虫歯になりにくいなど、メリットがたくさんあります。

各素材のメリットデメリットを理解したうえで、あなたにあう最適な治療を選びましょう。

小児歯科

虫歯にならない習慣、虫歯になった際に気軽に歯医者に通える習慣を持っていただくためにも、幼少期の歯の治療はとても大事です。歯医者は、大人でも苦手な方がおりますので、お子さんが恐怖心や不安感を持ち、歯医者が嫌いにならないように、細心の注意を払って治療を行います。

当院は、中野区5歳児歯科健康診査が受診できる指定歯科医療機関にもなっております。
3才児検診や、小学校の歯科校医を行っており、お子さんの診療にも慣れておりますので、安心してご来院ください。

小児歯科

歯科口腔外科

口腔(口の中)、顎(あご)の領域で外科処置をする診療科です。代表的な治療は、親知らずの抜歯、顎関節症、インプラントなどです。専門病院と連携しております。
【主な紹介先】 国立国際医療センター

インプラントについて

入れ歯でお悩みの方、抵抗感の消えない方へ、最新のインプラント治療をご案内させていただきます。(保険適応外になります)
お気軽にご相談ください。

入れ歯(義歯)

入れ歯でお悩みの方、抵抗感の消えない方、最新の快適な入れ歯をご案内させていただきます。

  • 金属バネを使わない新しい入れ歯(ノンクラスプデンチャー)
  • 入れ歯の床に柔らかい弾性材料(クッション材)を使用した、軟性裏装義歯(ソフトデンチャー)
  • 磁石の力を利用した入れ歯(マグネットデンチャー)
  • よく噛める人工歯を用いた(メタルブレードデンチャー)※保険適応外の入れ歯になります。

など、より快適にご使用いただけるようカウンセリングを行えます。ご相談ください。

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードの作製を行っております。
格闘技やラグビー等、激しいスポーツをされる方、高重量のウエイトトレーニングをされる方にオススメです。

マウスガード
お問合せバナー

中野区東中野駅から歩いてすぐの歯医者「ふじまき歯科」では、一般歯科・小児歯科・口腔外科・予防歯科・審美歯科をはじめ、入れ歯(義歯)・スポーツマウスガードなどを取扱っております。

ページトップに戻る